樹脂ライニング 表面処理/厚塗り樹脂コーティング 東京/PEEK樹脂コーティング/半導体向け 表面処理加工/タンク 配管設備向け フッ素コーティング処理会社

トップ | 用途別事例紹介 | タンク向け フッ素樹脂コーティング/PEEK®樹脂コーティング

用途別事例紹介 タンク向け フッ素樹脂コーティング/PEEK®樹脂コーティング

半導体や液晶製造装置に要求される問題は、耐熱性、耐薬品性、物理的耐摩耗性、コンタミネーション等と多岐にわたります。

これらの要求を実現する方法の一つとして、フッ素樹脂やPEEK樹脂等のライニングがあります。具体的な例を以下にご紹介いたします。

タンクのイメージ画像です。

洗浄装置部品

タンク洗浄機は食品、醸造、製薬、化学、製紙、石油、製鉄、原子力関係等広い分野で使用されています。これらの分野では耐蝕性、耐熱性、耐摩耗性、清掃性等が求められます。

洗浄装置にこれらの機能を付加するにはフッ素樹脂、PEEKR樹脂等のライニングで実現できます。

攪拌タンク

半導体や液晶製造時に金属イオンやパーティクルが混入すると、半導体や液晶の特性を変化させる一因になります。また液晶の場合、イオンが入っていると電圧をかけた時に電極とイオンが反応して劣化の原因となります。
このため、半導体や液晶製造装置接続部にも金属イオン溶出防止のためのライニング、コーティング加工を行います。

攪拌羽

攪拌羽の目的は、混合・分散・培養・発酵・反応・晶析・結晶等があり、その目的によって攪拌機の形式も異なってきます。この攪拌羽に耐蝕性、耐熱性、耐摩耗性等が求められる時、フッ素樹脂、PEEKR樹脂等のライニングにより羽根の素材が保護されます。

反応槽

塩酸、硫酸、苛性ソーダ等の工業薬品の貯蔵、混合・反応等に使われる反応槽では、耐蝕性が求められます。反応槽表面には耐蝕性、耐熱性等が求められ、フッ素樹脂、PEEK®樹脂等のライニングにより金属表面等が保護されます。

ヒーター

配管設備、蒸留用タンク、混合用タンク、化学反応用タンク、貯蔵用タンクや真空装置等で耐蝕性、耐熱性、非粘着性が求められる場面で使用されるヒーターには、同様の機能が求められます。その機能付加にフッ素樹脂、PEEK®樹脂等のライニングにより実現します。

タンク関係のフッ素樹脂、PEEK®樹脂等のライニングにより、特にコンタミ防止効果が得られます。また加工に当たり対応施設を備え、ライニング樹脂に関する特性に関するノウハウを生かして加工を行っており、満足頂ける仕上がりをお届けできると自負しております。これらの加工に関するお問い合わせ、ご相談は、お気軽にお申込み下さい。

お問合せ

お問合せ(非SSL)

このページの先頭へ戻る

製品紹介
樹脂コーティング製品 機能紹介
樹脂コーティング製品 総合紹介
PEEKCOAT®(PEEK®樹脂コーティング)
樹脂ライニング(厚塗り樹脂コーティング)
樹脂コーティング製品の施工実績と事例紹介
樹脂コーティング よくある質問
樹脂コーティング製品の施工実績と事例紹介
用途別事例紹介
半導体向け フッ素樹脂コーティング/PEEK®樹脂コーティング
タンク向け フッ素樹脂コーティング/PEEK®樹脂コーティング
表面処理豆知識
表面処理の種類と目的
フッ素樹脂コーティングおよびPEEKCOAT®
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
ニッケン・テクノコート株式会社
〒116-0002
東京都荒川区荒川7-18-2
日建ビル2階
TEL 03-3801-2165
FAX 03-3807-7139